園長紹介

聖愛幼稚園園長:野口哲也 
園長
野口哲也
皆さん、初めまして。
園長の野口哲也(のぐちてつや)と申します。
「大切な我が子を入園させる幼稚園の園長は一体どんな人間なのか。我が子を預けるに値するのか?」と思われる保護者の方も多いと思います。「値するのか??」と言われてしまうと、ちょっと尻込みしてしまうのですが(^^)、「そんなに怪しい人間ではないです」ということをアピールするために、ざっくばらんに自己紹介したいと思います。よろしくお付き合い下さい。

生まれと育ち

昭和46年4月10日生まれ。東京都福生市に生まれました。聖愛幼稚園、福生第二小学校、福生第一中学校出身です。現在に至るまで、場所は多少変わっていますがずっと福生に住み続けている「ふっさっ子」です。

家族は妻と娘(平成16年4月17日生まれ)と息子(平成20年4月3日生まれ)の4人家族です。私が4月10日生まれですから、カレンダーで縦に3つ並ぶのがささやかな自慢です。

園長になった経緯

大学を出て、「とりあえず稼業の幼稚園を手伝うかな」という軽い気持ちで聖愛幼稚園に就職しました(「甘い!」と非常に多くの方々からご指摘をいただきました)。当時は「そんなに言われるのなら、何か修行的なことをしよう」と地域のまちづくり団体である「福生青年会議所」に入会。幼稚園の仕事とは違う世界に大いに刺激を受け、たくさんの仲間に会い、チームを組むことの難しさと可能性を学び、いつしか「園長という立場で仕事をしてみたい」と思うようになりました。

私の父はよく考えているのかいないのか分からないんですが、私が幼稚園に就職したいと言ったときも、園長をやりたいと言ったときも、「うん、いいんじゃない」という感じでして、個人的にはもう少し親子のバトルがあった方がドラマチックな自己紹介になるのですが、残念ながら淡々と話は進み、平成16年から園長として仕事を始め、今に至っています。

園長になってからは、やりがいを感じつつも、失敗やトラブルに何度となく見舞われ、己の不甲斐なさを嘆いたことも数知れず。「ほら、若いときに苦労しないからだ!」と言われそうですが、「若いとき苦労したから今、苦労しなくて済む」という論理もなんだか変な気がします。人生を歩むと言うことは、時に苦労するからこそ、時に出会う喜びが何倍にも輝くわけで、それらを全部ひっくるめて受け入れる覚悟をすることが大事なんじゃないかと思っています。

ですから、「私はすごい人なので聖愛幼稚園もすごいです」と主張する気はさらさらなくて、「私は全然すごくないので、あきらめずにいろんなこと方法を試し、挑戦しています。そんな聖愛に期待して下さい!」という心境で日々がんばっております。

趣味の話

なんで趣味の話を書くのかと、これまたツッコミを受けそうですが、人間、どこかに接点があると親しみを感じるますよね(^^) 「あ、園長もなんか普通のオッサンだ!」と皆さんに親近感をもってもらうために書いてみました。

1)コンピュータ

聖愛は割とITを活用している幼稚園だと思います。KitSという教育プログラムもおこなっていますし、先生たちの情報共有、保護者への広報にも積極的にコンピュータやインターネットを使っています。それは、「私がコンピュータ好き」だからなんです(^^)

小学生の時に「ゲームセンターあらし」というマンガの影響を受け、PC-6001というマイコン(当時は「マイコン」と呼んでました)がほしくてほしくて夢にまで見ましたが、小学生には高すぎるおもちゃでした。仕方なく、時々マイコンを触らせてくれるお店に出かけては、紙に書いた自作のプログラムを打ち込んで「動いたっ!!」と大騒ぎしていました。

その後、数年にわたる父親へのプレゼンが成功し、中学生の時に念願かなってPC- 8801mk2というパソコンを買ってもらいました。中学生にとっても「高すぎるおもちゃ」でしたが、そのお陰でこうして仕事に生かせているわけですから、親には本当に感謝しています。

基本的には自作のWindowsPCで仕事をしていますが、Macも持っています。でも今はiPhoneでいろんなことができるようになり、PCの出番は少なくなってきましたね(^^)

2)ボードゲーム

典型的なファミコン世代なので、テレビゲーム大好き!です。でもそれと同じくらい「アナログ」ゲームも大好きです(私たちが子どもの頃は「日本特急旅行ゲーム」「お化け屋敷ゲーム」なんてのもありましたね)。
日本ではテレビゲームに押されているアナログゲームですが、ヨーロッパ、特にドイツでは今でも毎年たくさんの新作が発表され、子どもから大人まで幅広い層が遊んでいます。
幼稚園でも時々子どもたちと一緒に遊んでいます。社会性を伸ばす意味でも、仲間達とワイワイ言いながら(時々は言い争いながら)遊ぶことはとても良い経験になると思っています。

3)音楽

小学生4年生の時に近藤真彦のLPを買ってもらい、次に寺尾聰のLPを買ってもらい、中学生でビートルズの洗礼を受け、高校でモテようとバンドを始め(結局モテず)、大学時代はバイト代のほとんどをCDにつぎ込んでしまいました(デートで使う必要がないので)。好きなジャンルは60~70年代のロックで、特に「ビートルズ」「クイーン」「キングクリムゾン」の大ファンです。

また、両親の誘導で小学生の時にピアノを始めましたが、外で遊びたい盛りの小学生男子ですからなかなか練習に身が入らず、ダラダラと5年ほど続けて辞めてしまいました。でも、その時の経験が、まさか高校でバンドを組んだときに役立つとは思いませんでした。今でも、決して上手くはないのですが、ピアノやギターを気ままに弾いて楽しめるわけですから、半強制的にでも習わせてくれた親にはこれまた感謝しています。(だから子どもに習い事を強制すべき、とは思っていませんが!)

4)マンガ

それまでそんなにマンガは読んでいなかったのですが、高校生で手塚治虫にのめり込んでしまい、CD同様、バイト代のほとんどをつぎ込んでしまいました(熱くなりやすいんです)。以来、いろんなマンガを読んできましたが、やはり手塚治虫は別格ですね。先日もkindleで「火の鳥」「ブラックジャック」を全巻買いしてしまいました。

最後に

拙文にお付き合いいただき、ありがとうございました。

最後に座右の銘というほどではありませんが、普段自分に言い聞かせていることを書きます(公表することでさらに意識できますように!)。

・ダメ出しするよりヨイ出しをしよう!
・相手を変えるより、自分が変わる方が早い!
・「褒める」よりも「感謝」をしよう!
・常にシンプルでわかりやすい方法を求めよう!
・習うより慣れろ!

こんな人間ですが、皆様、どうぞよろしくお願い致します。

<参考>

Mac Fan 2014年1月号

スマートエデュケーションさんのインタビュー

福生青年会議所2009年度理事長ブログ